社会福祉法人はなぞの会 ちゅうりっぷ保育園・さざんか保育園
お問い合わせ
 社会福祉法人はなぞの会
 ちゅうりっぷ保育園
 〒431-0201
 静岡県浜松市西区
 篠原町1214-1
 TEL. 053-448-4680
 FAX. 053-448-4839

 さざんか保育園
 〒431-0201
 静岡県浜松市西区
 篠原町25654
 TEL. 053-449-6116
 FAX. 053-449-6115
子育て支援ひろば「やまぼうしの家」

このサイトをご覧いただくには最新のFLASHプレイヤーが必要です。
Adobe FLASH Player

保育園の生活(写真) さざんか保育園
 


 ■0歳児クラス(ほおずき)

チェーンリングを穴の開いた容器に入れています。小さな穴に上手く入るよう、自分で調節しています。入れたり出したり、繰り返し楽しんでいます。

オーボール(穴の開いたボール)の中に、布が入っています。不思議そうに見つめながら、転がしてみたり、穴から手を入れて布を引っ張ろうとしたりしています。

 ■1歳児クラス(つくし・れんげ)

ぬり薬を指につけて、人形に塗ってあげる真似をしています。いつも自分がしてもらっていることを、遊びの中で表現して楽しんでいます。

大きな手作り積み木で凸凹のある橋を作り、「♪どんどんばしわたれ〜」とわらべうたに合わせて渡っています。

三輪車に乗って園庭を探索中。いろいろな花や葉っぱ、ダンゴ虫やアリなど、気になるものがいっぱいです。

人形の「ななちゃん」を抱っこして、優しく背中をトントンしています。大人の姿を良く見ています。

 ■2歳児クラス(ひまわり)


キュームラス(スウィング遊具)に乗って、自分たちで揺らせるようになりました。揺れが心地よく、ゆったり気分で楽しんでいます。

「♪せんべい、せんべい、やけた」のわらべ唄で遊んでいたことがきっかけで、おせんべい屋さんが開店しました。お醤油をぬって、ひっくり返して、よく焼けたら出来上がりです。

寝る前の赤ちゃん(人形)に、絵本を読んであげています。読み終えて「おやすみ」と布団をかけてあげる姿は、まるで小さなお母さんです。

天気の良い日に散歩に出かけました。近所の田んぼや用水路にはメダカやおたまじゃくしが泳いでいます。「あ、いた!」「ここにいっぱいいる!」と夢中で見ています。

 ■3・4・5歳児クラス(そら・もり)

5月の浜松まつりで見た「御殿屋台」が印象的だったようで、『積み木で作りたい』と御殿屋台作りが始まりました。友だち同士でどんな形にするか、大きさや高さはどのくらいかなど、話し合ったり工夫したりしながら協力して進めています。


御殿屋台作り。高いところは脚立も使い、慎重に積んでいます。


もり組に「パフェ屋さん」が開店しました。
手作りメニューにはおいしそうなパフェがいっぱいです。お店は大人気でいつも満席です。

今日は一人の男の子の誕生日です。友だちの2人がこっそりお祝いのケーキを作っています。「○○くんはいちご好きだよね?」「りんごも」と、フルーツいっぱいのおいしそうなケーキが出来あがりました。その後は誕生日パーティが始まりました。


さざんか農園でも夏野菜を育てていますが、お部屋でもプランターなどで野菜やハーブ、お花など、いろいろな植物を栽培中です。「天気の良い日」はテラスに出して、太陽の光に当てて…」「水はこのくらい」と、年長さんが年下の子にも伝えながら、大切に育てています。


園庭にカラーバケツを並べて長い橋ができました。少し感覚を広くして並べ、「下は海だよ!」「落ちたらサメがいる」「ワニもいるかも」と子ども同士で遊びの世界を広げながら、ドキドキ感やちょっとしたスリルを楽しんでいます。


海まで散歩に出かけ、砂浜で綱引きをして遊びました。チームで作戦を立てて綱引きスタート。熱戦が続き、応援にも力が入ります。

本サイトに掲載されている内容について無断で転記・転載することを禁じます。
Copyright(C) HANAZONOKAI, All rights reserved.
ちゅうりっぷ保育園・さざんか保育園 地図はこちら